雑記

PayPay残高不足での支払いは20%還元の対象になるのか

PayPay

話題騒然中の「PayPay(ペイペイ)」もう使いましたか?

スマホを使った決済サービス「PayPay」とは─

ソフトバンクとヤフーが共同で設立した事業「PayPay株式会社」が運営するQRコード決済サービスです。
PayPay公式ページはコチラ

使い方

利用方法はとってもシンプルで、
・スマホでPayPayアプリをインストール。
・対応可能店舗で掲示されたQRコードをアプリで読み取り、金額を入力して店員に確認してもらう。
 または、アプリのバーコード画面を店員に読み取ってもらうだけ。
【決済手順動画】

注意点として、インストールの際に支払い方法を登録する必要があります。
(銀行口座かクレジットカード情報の入力が必要。)
Yahoo!JAPAN IDと連携するとヤフーウォレットに登録してあるカードや口座の情報が反映されるので簡単に設定ができます。

なぜ話題になっているのか

すっごいお得なキャンペーンを行っているからです。
PayPayで支払いをすると、支払額の20%がPayPayボーナスで戻ってくる「100億円あげちゃうキャンペーン」を開催!!
ヤバイですね。
1万円の買い物をすると2千円が戻ってきます。
戻ってきたPayPayボーナスは、PayPayが使えるお店で利用することができます。

さらに!!
40回に1回の確率で支払額の全額が戻ってくる!!
ヤフープレミアム会員なら20回に1回の確率にアップ!!
ソフトバンクかワイモバイルユーザーだと10回に1回の確率にアップ!!

戻ってくるボーナスの上限額は10万円までとなっておりますが、恐ろしくお得なキャンペーンとなっております。
キャンペーン期間は2018年12月4日9:00~2019年3月31日。または、PayPay株式会社の負担する付与金額が100億円に達した場合。

インストールするだけで500円貰えちゃう

上記のキャンペーンとは別に、PayPayの新規登録で500円相当のPayPayボーナスが貰えます。
ソフトバンク、ワイモバイルユーザーなら支払い方法の設定でさらに500円相当のPayPayボーナスも追加で貰えます。

私は支払い方法にクレジットカードを登録し、ワイモバイルユーザーなので合計1,000円のボーナスをGetしました。

PayPay残高以上の買い物はできるのか

私は1,000円のPayPay残高を持った状態ですが、この金額を超える買い物はできるのか試してきました。

コジマビックカメラで外付けHDDを購入

PayPayアプリをインストールし、支払い情報等を設定後、付与された1,000円のPayPay残高を持ってイオンライカムのコジマ✕ビックカメラへ。
なんとなく目に止まった約1万6千円の外付けHDDをPayPayで購入してみました。

・商品をレジへ。

・私「支払いはペイペイでお願いします。」

・レジ前に掲示されたQRコードをPayPayアプリのカメラで読み取る。

・レジディスプレイに表示された金額を入力し、支払いを行う。

・支払い後画面の詳細を店員に確認してもらう。

・終了。支払い金額の20%相当のPayPay残高をGET。

その時の画面がこちらです。
ペイペイ支払い完了画面
支払い額20%の約3,200円相当のボーナスゲットです。

スマホを操作するので時間がかかるかなと心配したのですが、全然スムーズにできました。
電子決済に比べると手順は増えますが、財布からカードや現金を出すよりは全然スマート。

残高不足の支払いについてですが、支払い方法に登録したクレジットカードからの支払いになるそうです。

公式ページのガイドラインを確認したところ、

■PayPay残高で支払うときの注意点
購入金額以上の残高がある場合のみ、PayPay残高で支払いができます。
残高が不足している場合は、全額が優先的に下記の順番で支払われます。 
・PayPay残高
・Yahoo!マネー
・メインのクレジットカード

つまり、PayPay残高不足したときはヤフーマネーで支払い、それでも足りない場合はクレジットカードで支払う仕様となっています。
「全額」というところが注意点ですかね。私の1,000円の残高は使われず、全額がクレジットカードでの支払いとなりました。
クレジットカードのポイントも付くし、今なら20%戻ってくる。最高ですね。
戻ってきたボーナスは翌月の10日に付与されるのも注意点かな。すぐ使えるわけじゃないので気をつけてね。

最後に

ホント太っ腹なキャンペーンですね。
20%ってデカイ。
さらには全額戻ってくるチャンス。

PayPay残高不足によるクレジットカード支払いでも全額が20%キャッシュバック対象となりました。

こういったサービスは導入の手間が障害となり、イマイチ浸透しないのがよくある話ですが、このキャンペーンの影響でPayPayの導入を行った人は多いはず。
20%~全額(上限10万円)のキャッシュバックもあるのでPayPayの虜となる人も出てきます。
この効果に100億円以上の価値があるのでしょうね。

このキャンペーンは2019年の3月末日に終了か、100億円達した時点で終了となっていますが、私の予想では100億円達してもさらに金額を増額してキャンペーンを期間いっぱいまで継続すると思います。
そうやって私のようなPayPayファンを多く作っていくのでしょう。

頑張れPayPay!応援します!
ただ、PayPalと名称が似すぎるのは如何なものか。