映画

映画「小さな恋のうた」シンプルレビュー

小さな恋のうた

「青春映画」の一言で終わらせるにはもったいない良作!

ハイサイ!シンジョー(@okinawa_shinjou)です。
モンゴル800(通称:モンパチ)の名曲「小さな恋のうた」から映画が誕生!ということで観てきましたよー。

小さな恋のうたのあらすじ

沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。
そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。
自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。
しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。
そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。
それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。
フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる―。
公式HPより抜粋>

【予告動画】

小さな恋のうたの感想

よくある青春映画でしょ。ってことで正直期待はしていませんでした。
・・・が、見事裏切られました。
これ、良作です。

高校生を中心に描かれる友情、恋、バンド、家族や基地の問題。
うまくまとまっていたと思います。
そこまで深く掘り下げはしませんが、基地問題の取り上げ方がなかなか良かったです。
バンドの方は観てて気持ちいいですね。青春はこうでないと。

小さな恋のうたの採点


星4つ。

良かったところ

モンパチの曲が劇場で聞ける

俳優陣が奏でるモンパチソングはCDとは違った楽しみ方ができてよかった。
青春らしいアクセントがちゃんとプラスに働いてました。
メイン女優の子が素晴らしかった。

沖縄の基地問題を偏らず表現

日本とアメリカの文化が交じる沖縄で起こる問題を、他の映画とは違ったアプローチで表現していました。
きちんの基地内側の様子を出すのは好感が持てました。

イマイチだったところ

ありきたりなストーリーと演出

見てて恥ずかしくなるような演技がちょくちょく出てきます。
青春映画なので仕方ないですね。
話の軸はよくありそうなバンドストーリー。

最後に

出身や年齢に関係なく多くの人に観てもらいたい作品です。
私みたいに青春映画が苦手な人にもオススメ。