映画

映画「マスカレード・ホテル」シンプルレビュー

マスカレード・ホテル

事件ではなくドラマを楽しむ映画

ハイサイ!映画好き(ミーハーレベル)のシンジョー(@okinawa_shinjou)と申します。
「マスカレード・ホテル」・・・どうせキムタクカッコイイ!だけな映画なんだろうなぁ。とあまり期待せずに観てきました。

─が、全然それだけではなくボリュームあるドラマが楽しめました!
もちろんキムタクはカッコよかったw

あらすじ

『ガリレオ』『新参者』に続く、新HERO誕生
東野圭吾、新たなる傑作ミステリーが遂に始動!!

累計310万部突破の東野圭吾作品屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第一作「マスカレード・ホテル」が発売から7年の歳月を経て、待望の実写映画化!
連続殺人事件を解明する為にホテルに潜入するエリート刑事・新田浩介を演じるのは木村拓哉。検事、総理大臣、天才外科医など様々な職業を演じてきた木村拓哉が、満を持して初の刑事役に挑む。
そして、木村と共に事件の真相に迫る一流ホテルマン・山岸尚美を演じるのは長澤まさみ。更に、日本映画界に欠かすことのできない総勢20名の錚々たる豪華キャストが刑事、ホテルマン、そして、個性豊かな宿泊客として登場する!
次々と現れる素性の知れない宿泊客を、刑事として疑う新田と、ホテルマンとしてお客様を信じる尚美。立場も性格も正反対、まさに“水と油”の異色のバディが、ホテルという非日常の特殊な空間で巻き起こる屈指の難事件に挑む!!
次々と現れる怪しげな宿泊客。ホテルに潜入する刑事たち。宿泊客を迎えるホテルマンたち。

誰が宿泊客で誰が犯人なのか!?
究極の騙し合いに、あなたもきっと騙される!

公式HPより抜粋>

【予告動画】

感想

ホテルという舞台で刑事✕ホテルマンという組み合わせがどう動くのか。
お客様は仮面を着けており、その仮面を剥がさずに舞踏会を楽しんでもらうのがホテルマンの務めで、お客様を疑い仮面を剥がそうとするのが刑事の務めである。このテーマが主人公2人のキャラクターをわかりやすく表現していました。それをお互いに理解していく演出はバディムービーとしてとても楽しめました。
次々と起きる”お客様”とのトラブルが見どころですが、映画でやるにはちょっと退屈なところも感じちゃったかな。

採点


星3つ半。

良かったところ

主人公達の変化が見どころ

乱暴な態度の刑事に今回もキムタクらしい役だなと思っていましたが、そんな刑事が一流のホテルマンを理解して表現する様子は面白かったです。
役者の彼に対して良いイメージはなかったのですが、改めないといけませんね。
同じく長澤まさみ演じるホテルマンも刑事を認めて信頼していく様子がGood!

ホテルとホテルマン達が魅力的

ホテル内の綺羅びやかな様子は一流のホテルを表現できており、一度サービスを味わってみたいなぁと思いました。
ロビーの小ささは少し気になりましたがw
バックヤードのごちゃごちゃ感がしっかり出てたのも良かったです。

出演者が豪華

ちょい役だろうが今ノッてる役者陣ばかりで豪華な映画でした。
明石家さんまさんも出てたらしいですが、気づきませんでした(汗

イマイチだったところ

犯人がわかりやすい

犯人役の違和感が強い。
その人にそういう役させたら犯人しかないでしょ!?と思ってたら予想通りその方が犯人でした。
ミスリードを期待したのになぁ。

しつこい文鎮シーン

ホテル室内にある文鎮(ペーパーウェイト)が事件解決に繋がる。という演出が必要なのはわかりますが、文鎮を整えるシーンが何度もあるのは流石にクドすぎた。

事件が分かりにくい

これは私が悪いのかもしれないが、連続事件の詳細が全然入ってこなかった。
なので事件よりホテルパートを楽しんでました。

最後に

マスカレード・ホテルですが調べたら原作の方はシリーズ展開してるのですね。
次回作も期待できそうですが、ドラマでもいいんじゃないかなと思いました。
というかドラマ化する考えでしょコレ。