映画

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」シンプルレビュー

スパイダーマンFFH

待ちに待ったアベンジャーズエンドゲームの続き!

ハイサイ!MCU好きのシンジョー(@okinawa_shinjou)です。
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(FFH)を沖縄上映初日の初回上映で観てきました。

スパイダーマンFFHのあらすじ

トニーは君に全てを託したんだ。
師であるアイアンマンことトニー・スタークから託された、ヒーローとしての責任。
ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、悲しみを忘れ去る為、街の平和に努めていた。
そしてようやく訪れた夏休み。
ピーターは、大好きなMJ(ゼンデイヤ)、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)達と共に楽しみにしていたヨーロッパ旅行に出かける。

ニック・フューリーに夏休みを支配される。
この旅でMJに自分の気持ちを打ち明け、最高の夏休みにしたいと願うピーターを待っていたもの、それは元S.H.I.E.L.D長官のニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。
迫りくる新たなる脅威を察したニックは、異次元から来たというミステリオ(ジェイク・ギレンホール)と共に既に戦う準備を始めていた。
そこにスパイダーマンの力も必要としていたのだ。

ヴェネチア、ベルリン、ロンドンに迫る脅威。
突如としてヴェネチアに出現した巨大な人型の“水”。
その圧倒的なパワーに翻弄されるピーターは「ソーは? キャプテン・マーベルは?」とアベンジャーズのヒーローたちに助けを求めるも、彼らは不在。
この巨大な敵を相手にまだ戦い方すら掴めないスパイダーマンに替わり、果敢に戦いを挑むミステリオ。
空中で両手から強力な光線を放ち、敵を制する。ここに新ヒーローが誕生した。

鉄の意志を引き継ぎ、真のヒーローへ。
ヴェネチア以外でも、“火”や“土”の巨大な敵が現れ、ニックを中心とした攻防戦が続く中、ピーターは決意する、「世界には新しいアイアンマンが必要だ」。トニーから引き継いだ“鉄の意志”。
親愛なる隣人から、真のヒーローへ。厳しい戦いに立ち向かい、挑み、闘うスパイダーマン。
新しいアイアンマンとなる為に—。
公式HPより抜粋>

【予告動画】

スパイダーマンFFHの感想

アベンジャーズエンドゲームが凄く面白かったので、その続きである今作もきっと最高に違いない!
─と期待しすぎてしまいました(汗
ヒーロー映画としては面白いと思いますが、原作を知っている組には想定内の内容となっており、それを超える展開に期待したのですがそうでもなかったですね。

もちろん全部がそうってわけでなく、ラストの展開は次回作を楽しみにさせられました。

スパイダーマンFFHの採点


星3つ半。

良かったところ

学生らしいシンプルな掛け合い

ピーターパーカーのヒーローとしての成長だけでなく、今回は恋に悩む男の子の成長も描いております。
学生ってことでストーリーはドロドロせずにシンプルに進んで観やすかったです。

ヒロインが優秀

ルックスへ全振りし、アホでヒステリックなヒロインが個人的に苦手ですw
今作のMJは知能指数も高そうで、バカみたいな行動はしないので安心して観れました。
陰謀論とか好きそうな別ベクトルの危うさはありますが…。

空白の5年間にも触れる

サノスの指パッチンで消えていた人と残った人とで5歳差がついてることについて序盤で触れていました。
ストーリーにそこまで絡んではきませんが、放ったらかしにされるとモヤモヤするのでこれにはGJ!

イマイチだったところ

ヴィランの脅威さ

ヴィランの能力が判明し、強敵の様に振る舞っていましたが、スパイダーセンス使えば楽勝じゃね?と思った人も多いハズ。
「人は見たものを信じる」←このセリフからのエンドロール後の展開に深みを出すためだけの存在だったような。。。

最後に

エンドゲームで一区切りし落ち着いたMCUでしたが、これから始まる新しいフェーズにワクワクが止まりません!