ド定番のシングルバーナー「SOTO ST-310」を紹介

一家に一台?ST-310は誰にでもオススメなガスバーナー。

キャンパーにはお馴染みST-310。
正確にはレギュレーターストーブと呼ぶらしいけど、

「レギュレーターストーブが~」とか言われても

「は?何言ってんだおめぇ?」とかなるのは私だけだろうか。。。

とりあえず、そんなバーナー「ST-310」ですが、ド定番なカスタムから、あると便利なグッズを合わせてご紹介。

目次

これが私のST-310だぁ!!

普通はステンレスカラーですが、こちらは黒。
Amazonで購入した限定カラー。正直ちと後悔。
素のステンレスのほうが無骨な感じがして好きですね。

実は10年くらい前にも持っていたのですが、結婚前に身辺整理で処分しちゃったんだよね。
最近のキャンプブームでやっぱり欲しくなったので再購入。

まぁブラックもオシャレで良いですよ。黒いし。変色とか目立たにくそうだし、黒いし。

ST-310の良い所

CB缶(カセットガスボンベ)が使える

これ一番のセールスポイントじゃない?
ホームセンターやスーパー、コンビニに100均などCB缶はどこでも手に入るから燃料に困らないのがいいですね。安いし。
メーカーは純正CB缶の使用を推奨していますが、もちろん100均のCB缶でも私は問題もなく使えています。(自己責任)

寒さに強いぞ

CB缶の弱点なんですが、寒さに弱いんですよね。冷えるとガスが安定しなくなって火力が落ちたり、最悪火がつかないことも。
でもね、ST-310にはマイクロレギュレーターが内蔵されていて、これにより寒くてもガスの放出量が安定するのだ!
マイクロレギュレーター!なにそれ?よくわからんけど凄いぞ!

仕組みはよくわかっていませんが、問題なく冬でも使えています。
まぁ100%の力が出せているかというとそうではありませんが、以前寒いときに他のバーナーで火がつかなくて困ったことがあったのでこれは助かります。

収納サイズがコンパクト

折りたたむことができるので、その場合のサイズが14cm×11cm×7cmととってもコンパクト。
ポケットにも入るぞ!

あー火が欲しいなー。
って話になった時にポケットからスッと出してアウトドア派をアピール!(※別途CB缶を忘れずに)
放火魔と紙一重なところにドキッと惹かれること間違いなし。

ST-310の悪い所

そんなイケイケ()なST-310なんですが、これどうなのよ。と思わせる点もあります。

火傷に注意

点火スイッチが五徳の間の下にあるんですよ。。。
五徳ってのは鍋などを支える部分のことね。
ST-310は五徳がそのまま本体の足になっています。

最初はいいんですが、一度使用して熱くなったあとに再点火しようとして五徳に触れちゃって
「あっっっっっっっっつうううううう!!」
ST-310あるあるですね!!

リアクション大きい人だとアツアツの鍋などが飛び交い大惨事になりかねません。

しかし、そんな危険を避けるグッズがあります!
それがコレ。

装着!!

いいぞこれ。火傷回避だけじゃなく、単純に点火がしやすい。下に押すだけ。舌でもできちゃいそうですがオススメはしません。

さらにこんな便利グッズも。

滑り止めのためのアイテムですが、
シリコンだから間違えて五徳に触れても熱くなーい。

いやー素晴らしい。
10年前あったコレ?
ST-310を使うなら必須アイテムになりますね。
最低でも点火アシストレバーはあったほうがいいです。
ちなみにアシストグリップはホムセンで売っているシリコンチューブで代用可能です。

ちなみに私は市販の長いシリコンチューブを適当な長さに切ってやりましたが、スムーズに入れるためにアルコールを入れすぎたようでサビさせてしまいました。キツすぎて水分が抜けなかったようです。

純正からセットになって出ています。カラフル!

その他純正オプション

他にもこんなのがあります。
必要かと言われるとどうかと思いますが、
「純正」という響きが好きな人にはオススメです。

ソフトハードケース。
レビューを見るとST-310が2つ入るみたいだし、そこそこ大きいようだね。
他のオプションもまとめるのに向いてそうです。

アースカラーのケースと点火レバーとシリコンチューブのセット。
個人的にこの色は好み。

ST-310の足にセットできる風防版。
チューブがあると取り付けづらそうだけど、セット部分をペンチ等で広げてあげればOK。

遠赤外線効果でお肉が美味しく焼けるという溶岩石プレート。油も吸うのでたくさん食べれそう。
長時間の使用だとCB缶への熱が気になりますが、遮熱板がセットなので大丈夫ですね。

CB缶を熱から守りつつ、テーブルになる便利アイテム。
コーヒータイムや料理が捗りそう。

ド定番100均カスタム

ST-310を持っている人はほとんどやっているんじゃないかな。
ダイソーのクッキー型を風防として利用。
バーナーヘッド周りにジャストフィット!!

ちなみに直径60mmとなっていて、ダイソーの5個入り(トランプ型+丸)クッキー型抜きがぴったり合います。型抜きは他にもあるのでサイズミスに注意。

風防と言ってもこれだけだとどうしても強風には弱いので、別にウインドスクリーンがあると便利です。

私が使っている関連グッズ

メーカー純正品ではないですが、ST-310と一緒に使っているグッズがこちら。

バーナーパッド

熱が拡散されて火力が安定します。調理に使う際に火力が集中して焦げ付く心配が減ります。
さらに、五徳とケトルや鍋のサイズが合わなくて困ることも無くなります。(←これめっちゃ重要)

遮熱板

そのまま使っていると熱がCB缶の方へ反射して最悪爆発なんてことも。
鉄板とか長時間使うものは特に反射熱があるので、安全対策にあるといいですね。
分割や折りたたみタイプだと小さくまとまってオススメです。

鉄板

ST-310にぴったりなコンパクトサイズの鉄板があるとテンション上がります。
どうせなら厚めの鉄板がオススメ。重いけどお肉がまいうーに焼けます。
ヨコザワテッパンとか定番な鉄板がありますが、平ぺったいから油が下にだらっだら垂れるので、端が上がっている鉄板がオススメ。ソーセージもコロコロ逃げないぞ。←わりと重要
遮熱板がセットになったものもあるので、別に買うよりお得かも。

家に1台あると嬉しいガスバーナー

そんな感じでST-310の紹介でした。
男の嗜みとして1台は持っていてもいいかもしれませんね。
小学生の息子にもさせてみましたが、点火レバーやシリコンチューブを付けているので問題なく点火できました。
アウトドアだけでなく家の中であっても、子どもたちはこのバーナーで調理をするとテンションが上がります。
ダイニングテーブル等で使うときは油跳ね対策に新聞など引くと片付けしやすいですよ。

我が家では晩酌時に使ったりします。
サラリーマン時代、お昼時間に缶詰を温めたりもしました。

災害時にも活躍しそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

13 − three =

目次
閉じる